トップページ > Voice willについて

”プロの表現者になる”為のワークショップ

現在、声優志望者の数は30万人以上と言われています。
仕事をしている声優は約1万人、売れっ子声優は約300人ほど…。
声優業界は、とても狭き門なのです。

結論を言うと、"プロの声優には、誰でもなれます"。
ただしあくまでも"全員になれる可能性がある"という意味です。
プロになる為の"考え方"と"取り組み方"を備えているかどうか、
そしてあなたの努力と成果、姿勢などを含めた在り方を、
"周囲の人がプロと認めてくれるかどうか"で結果が変わるのです。

Voice willでは"現場で通用する、生涯表現者"を育成する為、
あらゆる視点から指導を行います。

Voice will声優ワークショップの強みとは?

 
声優志望者の多くは声優事務所に所属する為に、養成所や専門学校へ通うことになります。
しかしどちらもかかる費用を考えると、決して安い金額ではありません。
また養成所や専門学校では、クラス人数の多さゆえに課題を克服できず、
ただ時間だけが過ぎてしまうという志望者の方が非常に多いのです。

 ■声優塾[月謝制]
  16,500円/180分・月3回/1クラス6名まで
 ■グループワークショップ[単発制]
  アニメ・吹き替え 5,500円
  ボイスドラマ・ナレーション 4,000円
 ■ボイストレーニング[月謝制]
  月2回  9,900円(1回あたり4,950円)
  月3回 13,200円(1回あたり4,400円)
  月4回 15,400円(1回あたり3,850円)

Voice willでは、受講生の様々なご事情に応じたワークショップをご用意しております。
また声優塾生になると、塾生割引を含め、プロになってからも様々なサポートを受けられます。

初心者から経験者まで、基礎を学びたい方も、実践を積みたい方も。
養成所や専門学校では学べない"現場の声"をお届けします。

 
「養成所に入ってみたけど、全然マイク前で芝居ができない…」
「アフレコやアテレコの授業があるけど、基礎が全然追いついてない…!」
 
腹式呼吸から発声・発音、そして演技に至るまで、プロの声優には様々な"基礎"が必要になります。
またプロになると、常に現場に入ることを想定して日々を過ごすことになります。
しかし多くの志望者が"養成所はあくまでもレッスン"という捉え方をしてしまい、
実際に基礎トレーニングに身が入らない、という方も多いと思います。

Voice willのレッスンでは、

 ■声優塾
  →"実践"に活かす為の"基礎"トレーニング
 ■グループワークショップ
  →現場を想定したマイク前での"実践"

この2つを組み合わせることで、プロが常に実践している"実践に活かす為の基礎"を習得することが可能となります。
また声優塾生になると、グループワークショップを3ヶ月に1回無料で受講することが出来る特典も。

現場を想定して日々稽古に取り組むことで、プロとしてのメンタリティも鍛えていきます。

 
養成所や専門学校で学んでいても、いまいち成長を実感できない。
その理由は、自分が今取り組んでいることや目指すべきものを、"正しく理解できていないから"なのです。

表現者とは、役の人生を表現する為に一生をかけて学び続ける職業です。
第一線級で活躍されている方々は、毎回大きな役割と責任を担いながら、
"プロフェッショナル"として仕事をしています。

Voice willのレッスンは、 単なる演技レッスンに留まりません。
"プロフェッショナルとは何か?"を常に念頭に置き、"正しく理解し、考え、努力する"。
それはまさに"プロとしての哲学を持つ"という事なのです。

基礎や演技だけではなく、プロとしての生きる術も指導します。

 
声優として活動する為には、声優事務所に所属する必要があります。
そして多くの声優志望者が事務所所属を目指し、養成所や専門学校に通う事になりますが、
その競争率の高さに、ほとんどの志望者が挫折してしまうのもまた事実です。

皆さん、自分の学生時代を思い返してみてください。
学生時代は自身の成績と先生の評価で内申点が決まり、それを基準に進学校を選びます。
自分の成績に見合った進路を選ぶというのは、誰もが当たり前のように経験しているはずなのです。

ではあなたが声優を目指す上で、進路はどの様な基準で選びましたか?
"大手だから""売れっ子がいるから"という安易な理由で選択していませんか?
だから、多くの人が声優になれないのです。

もし本当にプロになりたいと思っているなら、
少しでもプロになれる可能性の高い養成所=事務所に行くべきなのです。
オーディションの良し悪し、養成所と専門学校の違い、大手・中小事務所のメリット・デメリット。
しっかりと学んだ上で、自分はどこに行けば活躍できる可能性があるのか。
進路によっても、プロの声優になれるかどうかは大きく左右されます。
なお声優塾生の合格実績については、当ホームページのトップページをご参照ください。

Voice willでは、夢を実現する為に必要不可欠な
"現実主義思考"に基づいた進路の選び方も指導致します。

 
Voice willでは、代表・西森千豊が所属する有限会社TABプロダクションにご協力いただき、
声優塾生を"預かり所属"として、推薦することが可能になりました。

 -推薦条件-
 ・声優塾に3か月以上在籍していること。
 ・個人面談(30分)

多くの声優志望者がプロへのスタートラインに立てるよう、
進路においても、Voice willは確実なバックアップを行って参ります。

預かり所属推薦 協力プロダクション

有限会社TABプロダクション

2002年創立の声優・俳優プロダクション

声優の仕事をメインとしながらも、枠にとらわれず、
映像や舞台も含めて幅広くマネジメントを行っている芸能プロダクション。
また制作部門に当たる株式会社ティー・エー・ビーでは、
アニメ・ゲーム・ボイスコミックなど様々なコンテンツ制作を行っており、
所属1年目からデビューする新人も少なくありません。


2019/4

収録形式の勉強会として、声優ワークショップVoice willを立ち上げる。
公式ホームページを開設。

2019/11

生徒からの要望もあり、少人数・月謝制のVoice will声優塾を開講。

2020/6

新型コロナウイルス蔓延による影響をきっかけに、
声優塾レッスンを1ヶ月無料で受講できる"声優志望者応援キャンペーン"を開始。

2020/9

東京都新宿区・飯田橋にVoice will Studioをオープン。

2022/6

音響制作・受注を開始。