コンセプト

HOME | コンセプト

Concept

コンセプト

"プロの表現者になる"為のワークショップ。

現在、声優志望者の数は30万人以上と言われています。
そして仕事をしている声優の数は約1万人、売れっ子声優は約300人ほど…。
声優業界は、とても狭き門なのです。
 
しかし結論を言うと、 "プロの声優には、誰でもなれます"
ただし、それはあくまでも "全員になれる可能性がある"という意味です。
必要なことは、 プロになるための"考え方""取り組み方"を備えているかどうか
そしてその努力の成果やあなたの在り方を、 "周囲の人がプロと認めてくれるかどうか"なのです。
 
Voice willでは、 "現場で通用する、生涯表現者"を育成する為、あらゆる視点から指導を行います。

Quality

Voice willの強み

誰もが気軽に参加できる"学ぶ場"を―。

声優志望者の多くは、声優事務所に入る為、養成所や専門学校に通います。
しかし、どちらもかかる費用を考えると、決して安い金額ではありません
また養成所や専門学校ではクラスの人数の多さ故に、課題を克服できないまま時間だけが過ぎてしまう志望者も非常に多いのです。
 
Voice willは個人運営の強みを活かし、ダブルスクールでも通いやすいリーズナブルな価格設定となっております。
また、半年や年単位のまとめ払いではなく、月毎の月謝制となっております。
 
誰もが気軽に参加できる"学ぶ場"を―。
Voice willの掲げるテーマの一つとなっております。

正しく理解し、考え、努力する。
一人の表現者として"考える力"を身につける。

養成所や専門学校で学んでいても、いまいち成長を実感できない。
その理由は、自分が今取り組んでいること、目指すべきものを、"正しく理解できていないから"なのです。
 
表現者とは、役の人生を表現する為に、一生をかけて学び続ける職業です。
第一線級で活躍されている方々は、毎回大きな役割と責任を担いながら、"プロフェッショナル"として仕事をしている訳です。
 

Voice willのレッスンは、 単なる演技レッスンに留まりません。
"プロフェッショナルとは何か?"を常に念頭に置き、 "正しく理解し、考え、努力する"

技術はもちろん、プロとしての取り組み方や考え方、在り方についても学びます。

 

プロになる為の、進路の選び方とは?

声優として活動するためには、声優事務所に所属する必要があります
しかし、声優事務所も大手事務所から中小事務所と、数も多く様々です。
また中には、出演者募集や事務所オーディションを謳いながら、志望者を食い物にする悪徳な事務所も、残念ながら存在します。
 
もし本当にプロになりたいと思っているなら、少しでもプロになれる可能性の高い養成所=事務所に行くべきなのです。
進路によっても、プロの声優になれるかどうかは大きく左右されます。
オーディションの良し悪し、養成所と専門学校の違い、大手事務所と中小事務所のメリット・デメリット。
それらをしっかりと学んだ上で、自分はどこに行けば活躍できる可能性があるのか
 
Voice willでは、夢を実現する為に必要不可欠な"現実主義思考"に基づいた進路の選び方も指導致します。